文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 住民票・戸籍・印鑑 > 戸籍・住民票 > 住民票の写し

最終更新日 平成29年3月17日

住民票の写し

 本人または本人と同一世帯の方および本人から頼まれた代理人の方(委任状が必要です)が窓口で請求するときの方法です。
 それ以外の方が正当な理由により窓口で請求するときの方法については、「住民票の写し<第三者が請求する場合>」をご覧ください。

手数料

・個人 1通 200円
・世帯全員(5人まで) 1通 200円
 ※1人増すごとに30円を加える

必要なもの

1 本人確認書類
 運転免許証、パスポート(日本国旅券)、マイナンバーカード(個人番号カード)、
 写真付き住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書など
2 請求の際、自署が不可能な場合には認印
3 委任状(本人や本人と同一世帯以外の方が、代理人として窓口に来られる場合)

備考

 不正取得を防止し、皆様の個人情報を保護するため、窓口に来られる方(請求者・代理人)の本人確認をしています。
 本人であることが確認できない場合は、発行できません。
 プライバシーの侵害や、その恐れがある場合、不当な目的と思われる場合には請求に応じられません。
 偽りその他不正な手段により、住民票の写し等の交付を受けたときは、30万円以下の罰金等に処せられます。(住民基本台帳法第47条等)
 除票(転出等により除かれた住民票)は、役場窓口および郵送にて請求することができます(ただし、除票の保管期間(除かれてから5年)経過後は、交付できない場合があります)。
 請求方法等は、住民票の写しと同じです。

申請書

住民票等交付申請書(pdf)


お問い合わせ先
福祉町民課 町民年金係 0493−63−5010(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ