文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

戸籍・住民票 > 戸籍の届出・証明 > 不受理申出

最終更新日 平成29年3月17日

不受理申出

 不受理申出とは、婚姻届、協議離婚届、養子縁組届、養子離縁届、認知届などについて本人の意思に基づかない届出を受理されないように、市町村長にする申出です。 申出を受け付けた時刻から有効になりますので、ご心配な場合はなるべく早い申出をお勧めします。

申出人

婚姻届 夫になる方または妻になる方
協議離婚届 夫または妻
養子縁組届 養親になる方または養子になる方(養子が15歳未満の場合はその親権者)
養子離縁届 養親または養子(養子が15歳未満の場合はその親権者)
認知届 父(認知する方)
※養子が15歳未満の場合に親権者から申出された養子縁組届、協議養子離縁届の不受理申出は養子が15歳になったとき失効されますので、本人から再度の申出が必要です。

申出先

 原則として申出人の本籍地の市町村

申出に必要なもの

1 申出書1通
2 申出人の印鑑
3 本人確認書類
 運転免許証、パスポート(日本国旅券)、マイナンバーカード(個人番号カード)、
 写真付き住民基本台帳カードなど

本人確認について

 不受理申出の提出の際には、本人確認のため、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、写真付き住民基本台帳カードなどをお持ちください。
 健康保険証と年金手帳の組み合わせでも結構です。
※原則として本人確認ができない場合には申し出はできません。

注意事項

1 あなた自身が届出の当事者でない届出についての不受理申出は、することができません。
2 不受理申出書は、できるだけ本籍地の市町村に提出してください。
3 原則として、不受理申出は、郵送による方法は認められません。
4 原則として、申出人ご本人であることを確認することができる書類を提示する必要があります。
5 あなたが不受理申出をした後に転籍等により本籍地を他の市町村に移した場合には、以後、
 この申出は新本籍地市町村に対する申出となります。
6 不受理の取扱いをすることについて市町村・法務局からお問い合わせをする場合がありますので、
 確実な連絡先を記載してください。

お問い合わせ先
福祉町民課 町民年金係 0493−63−5010(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ