トップページ

暮らしやすさのバロメーターを紹介。

吉見町は 埼玉県のほぼ中央に位置し、南部は川島町、西部は東松山市、東部は鴻巣市と北本市、北部は熊谷市と接する、東西約7キロメートル、南北約8キロメートル、総面積38・64平方キロメートルの町です。 都心から50キロメートル圏にあり、東武東上線やJR高崎線、関越自動車道などへ容易にアクセスできます。町の西部には緑豊かな丘陵地があり、荒川や市野川の川沿いにはサイクリングロードや広大な運動公園、ゴルフ場などが広がっています。休日にファミリーでスポーツやアウトドアを楽しむのにぴったりの場所もたくさんあります。 県内一の生産量を誇る特産のいちごは、吉見町の代名詞ともなっていて、「道の駅いちごの里よしみ」には年間100万人以上の来場者を集めています。 関東平野の中央に位置することから、海や山の影響を受けることが少なく、気候は四季を通して穏やかで、過ごしやすい土地です。 住み慣れた人はもちろん、吉見町で暮らし始めた人が実感した「よしみのグッド」を紹介します。「よしみのグッド」は暮らしやすさを示すバロメーターです。