文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 観光・文化財 > 八丁湖

最終更新日 平成23年12月1日

八丁湖


 吉見町には丘陵の裾に人工的な沼が点在しているが、これらは水田耕作のために造られた溜め池である。八丁湖もこうした人工的な沼で、その面積は約52,000uである。「八」という数字は末広がりで、「多い」と言う意味で使われることがあり、また八を重ねると語呂が良いというところから「八百八町」「八百八橋」という言葉が生まれた。八丁湖も古くは「八丁八反の沼」と呼ばれていたが、実際の面積は「八丁八反」ではないので、こうした例と同じものと考えることができる。現在の「八丁湖」という呼び名は第二次大戦後に付けられたようである。

お問い合わせ先
まち整備課 都市計画係 0493−63−5018 (直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ