文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ 忘年会など宴会での”食べきりタイム”の実践をお願いします!

最終更新日 平成29年12月8日

忘年会など宴会での”食べきりタイム”の実践をお願いします!

 宴会の料理は、通常の食堂やレストランのランチと比較して、約1.5倍の量が提供され、約5倍の食べ残しが発生しています。「食品ロス」の削減は、廃棄物のリデュースのみならず、温室効果ガス削減等、環境負荷の低減にもつながります。
 宴会では、お開き前の15分間を”食べきりタイム”として、残った料理を食べきりましょう。食品ロスの削減に御協力をよろしくお願いします。
〜幹事さんからの呼びかけ例〜                          
(宴会開始のあいさつ)
 宴会に先立ち、幹事からみなさんにお願いがあります。
宴会ではたくさんの食べ残しが発生しています。本当にもったいないです。本日は、料理を残さず食べきること、そして、苦手な食べ物や量が多すぎて食べきれそうにない料理は手を付ける前に周りの方におすそ分けすることを、みなさんにお願いしたいと思います。それでは、お酌に回る前に、まずはゆっくりとお食事をお召し上がりください。


(宴会終了前15分の声掛け)
 そろそろお開きとなりますが、その前に元のお席にお戻りください。
 テーブルの上にはまだお料理が残っています。このままごみにしてしまうのはもったいないです。立つ鳥跡を濁さず、残さず食べて帰りましょう。

(参考)
 ・食べきりSaiTaMa大作戦
  http://www.pref.saitama.lg.jp/page/tabekiri-saitama.html>

 
         
お問い合わせ先
農政環境課 環境衛生・広域清掃推進係 63−5017 

※「用語解説」に関するお問合せページ