文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ 水害時の感染症対策と消毒方法

最終更新日 令和元年10月18日

水害時の感染症対策と消毒方法

 台風や豪雨等による浸水被害があった場合の消毒等について

 家屋が浸水すると、細菌やカビが繁殖しやすくなり、食中毒や感染症にかかるおそれがあります。
 通常は、水道水による洗浄と乾燥させる対応で十分ですが、汚物等が混入したおそれがある場合は、消毒が必要となることがあります。

 清掃作業、消毒を行う際には、手袋・マスクを着用するなど、作業時の健康管理にもご注意ください。

 ⇒浸水した家屋の感染症対策(厚生労働省:PDF)
 ⇒感染症予防のためには清掃と乾燥が最も重要です(厚生労働省:PDF)
 ⇒清掃作業に注意してください(厚生労働省:PDF)


お問い合わせ先
保健センター 0493−54−3120  

※「用語解説」に関するお問合せページ