文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 熱中症予防のお知らせ

最終更新日 令和2年6月5日

熱中症予防のお知らせ

 外出を控えていただき、マスクを着用しての生活が長引く中、熱中症リスクの高まることが心配されています。
 気温などの環境条件だけでなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響しますので、気温がそれほど高くない日でも、体が暑さに慣れていない時は注意が必要です。

 今夏は、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心がけるようにしましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

■気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意です。マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避けましょう。
 ・マスクをすることで体内に熱がこもりやすい
 ・マスク内の湿度が上がることで、のどの渇きを感じにくい など

■こまめに水分補給をしましょう
 ・のどが渇く前に水分補給 など

■暑さを避けましょう
 ・エアコンを利用する等、部屋の温度を調整
 ・急に暑くなった日等は特に注意する など

■日頃から健康管理をしましょう
 ・日頃から体温測定、健康チェック など

■暑さに備えた体作りをしましょう
 ・暑くなり始めの時期から適度に運動を など

埼玉県熱中症予防リーフレット

◎厚生労働省
  ⇒熱中症予防リーフレット 令和2年度の熱中症予防行動(PDF)
 ⇒令和2年度の熱中症予防行動の留意点について(PDF

◎外出時は天気予報や「暑さ指数(WBGT)」を参考に、暑い日を避け、無理のない範囲で活 動しましょう
 ⇒環境省熱中症予防サイト
  ※熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」などを公表しています

 高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。
 3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。



お問い合わせ先
保健センター 54−3120 

※「用語解説」に関するお問合せページ