○吉見町バス等使用規程

昭和62年8月1日

規程第5号

(目的)

第1条 この規程は、次条に規定する使用範囲において行政目的で使用するバス(以下「行政バス」という。)及び8人乗りの自動車(以下「ワゴン車」といい、行政バス及びワゴン車を「バス等」という。)の使用について必要な事項を定めることを目的とする。

(使用範囲)

第2条 バス等の使用範囲は、次の各号に掲げるとおりとする。ただし、人員、行先その他の事情でバス等の使用が不適当な場合は、除くものとする。

(1) 町が主催する公式行事のため必要を認めたとき。

(2) その他町長が必要と認めたとき。

(使用申請)

第3条 行政バスの使用許可を受けようとする者は、使用予定日の前30日までに行政バス使用申請書(様式第1号)に行政バス運行計画表兼報告書(様式第2号。以下「計画表兼報告書」という。)を添えて町長に提出しなければならない。ただし、緊急やむを得ないときは、この限りでない。

(使用期間)

第4条 バス等の使用期間は、1日を限度とする。ただし、町長が特に必要と認めた場合は、2日を限りとして使用することができる。

(使用時間)

第5条 バス等の使用時間は、通常の勤務時間内とする。ただし、町長が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(遵守事項)

第6条 許可を受けた者は、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 申請した運行経路以外の運行を要求しないこと。

(2) 危険物及びバス等の故障の原因となる物品等を搬入しないこと。

(3) 観光目的のバス等でないことを良く認識し、車内で飲酒及び歌をうたったりしてさわがないこと。

(4) 車内は、常に清潔に留意すること。

(5) 運行中は、運転者の指示に従うこと。

(6) 運行距離その他の運行条件については、道路運送法(昭和26年法律第183号)及び関係通達の定めるところによる。

(7) その他安全な運行を妨げる行為をしないこと。

(運転者に対する協力)

第7条 使用者は、必ず運行補助者1名を定め、運転者に協力させるとともに、事故防止に努めなければならない。ただし、ワゴン車にあっては、この限りでない。

(報告書の提出)

第8条 使用者は行政バス運行後、計画表兼報告書により運行実績を町長に報告しなければならない。

(庶務)

第9条 バス等の庶務は、総務課において行うものとする。

(雑則)

第10条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、昭和62年8月1日から施行する。

附 則(平成2年9月1日規程第5号)

この規程は、平成2年9月1日から施行する。

附 則(平成19年3月7日規程第1号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年6月1日規程第5号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年1月5日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

画像画像

画像

吉見町バス等使用規程

昭和62年8月1日 規程第5号

(平成22年1月5日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和62年8月1日 規程第5号
平成2年9月1日 規程第5号
平成19年3月7日 規程第1号
平成21年6月1日 規程第5号
平成22年1月5日 規程第1号