○職員の育児休業等に関する規則

平成12年3月31日

規則第10号

職員の育児休業等に関する条例(平成4年吉見町条例第10号)第5条の2第1項の町長が別に定める期間は、休暇の期間その他勤務しないことにつき特に承認のあった期間のうち、次に掲げる期間以外の期間とする。

1 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第2条の規定により育児休業をしていた期間

2 期末手当及び勤勉手当に関する規則(昭和39年吉見村規則第5号)第2条第3号及び第4号に掲げる職員(第4号に掲げる職員については、勤務日及び勤務時間が常勤の職員と同様である者を除く。)として在職した期間

3 休暇にされていた期間(公務傷病等による休職者(吉見町一般職職員の給与に関する条例(昭和29年吉見村条例第16号)第17条第1項の規定の適用を受ける職員)であった期間を除く。)

附 則

この規則は、公布の日から施行し、平成12年3月1日から適用する。

職員の育児休業等に関する規則

平成12年3月31日 規則第10号

(平成12年3月31日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成12年3月31日 規則第10号