○吉見町立小・中学校用務員服務規程

昭和62年3月27日

教委規程第1号

第1条 この規程は、吉見町立小・中学校用務員の服務について必要な事項を定めるものとする。

第2条 用務員は、校長の監督のもとに、つぎの事項に留意して勤務する。

(1) 勤務校の経営方針を理解し、学校が円滑に運営されるよう協力的、積極的に勤務する。

(2) 火災予防及び盗難予防には特に注意を払う。

(3) 常に環境の整備整頓と保健衛生及び安全に留意する。

(4) 学校における集会や行事に進んで協力する。

第3条 勤務の態様は、つぎのとおりとする。

(1) 勤務は、断続的勤務とする。開始時刻及び終了時刻については、校長が定める。

(2) 休暇は、あらかじめ校長に届け出ること。

(3) 用務以外に学校を離れるときは、校長の許可を得ること。

第4条 勤務の内容は、おおむねつぎのとおりとする。

(1) 校舎等出入口の開閉(教室の戸締まりを含む。)及び火気の確認に関すること。

(2) 湯茶の常備、茶器の洗浄、管理及び各種会議における湯茶の準備等に関すること。

(3) 給食に関連した準備、運搬等に関すること。

(4) 紙屑及び不用品の処理に関すること。

(5) 校舎及び校地の清掃、整頓、除草及び小修理等に関すること。

(6) 公文書の投函、運搬及び受領に関すること。

(7) 校外への用務に関すること。

(8) 来賓に関すること。

(9) その他指示された事項

第5条 勤務時間外にあっても、緊急時の場合は従事すること。

第6条 この規程に定めのない事項については、その都度校長が指示する。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

吉見町立小・中学校用務員服務規程

昭和62年3月27日 教育委員会規程第1号

(昭和62年3月27日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和62年3月27日 教育委員会規程第1号