○吉見町コミュニティセンター設置及び管理条例

昭和59年9月20日

条例第17号

(目的及び設置)

第1条 町民相互の交流を通じて町政への参加並びに人間性豊かな文化の向上、福祉の増進、明るく住みよい町づくり推進のための施設として、吉見町コミュニティセンターを設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

吉見町コミュニティセンター

吉見町大字下細谷411

(業務及び性格)

第3条 吉見町コミュニティセンター(以下「センター」という。)は、次に掲げる業務を行う。

(1) センターの施設及びこれに附属する設備(以下「施設等」という。)の使用に関すること。

(2) 町民の自らの参加と責任の下に運営されること。

(3) その他センターの設置目的を達成するために必要な事業に関すること。

(職員)

第4条 センターには、所長及びその他必要な職員を置く。

(使用者の範囲)

第5条 施設等を使用することができる者は、町内に居住し、通勤し、又は通学している者とする。ただし、町長が特に認めた者については、この限りでない。

(使用の承認)

第6条 センターの集会室等を使用しようとするものは、あらかじめ町長に届出し承認を受けなければならない。承認された事項を変更しようとするときも同様とする。

2 町長は前項の承認に係る使用が、次の各号のいずれかに該当すると認めるときはセンターの使用を制限することができる。

(1) 公益を害するおそれがあるとき。

(2) 施設等をき損するおそれがあるとき。

(3) その他管理上支障があるとき。

3 町長は、第1項の承認をする場合において必要があると認めるときは、当該承認に係る使用について条件を付けることができる。

(使用権の譲渡等の禁止)

第7条 前条の承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、その権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(使用承認の取消し等)

第8条 町長は、管理上必要があると認めるとき、又は使用者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該承認に係る使用条件を変更し、若しくは使用を停止し、又は当該承認を取り消すことができる。

(1) 使用届の申請に偽りがあったとき。

(2) 承認の条件に違反したとき。

(3) この条例及びこの条例の規則に違反したとき。

2 町は、使用者が、前項各号のいずれかに該当する理由により、同項の処分を受け、これによって損失を受けることがあってもその補償の責めを負わない。

(原状回復)

第9条 使用者は、施設等の使用を終ったときは、直ちにこれを原状に復し、清掃する。前条第1項の規定により使用の停止又は承認の取消しを受けたときも同様とする。

(損害賠償)

第10条 使用者は、自己の責めに帰すべき理由により、その使用中にセンターの施設若しくは設備を損傷し、又は物品を滅失若しくは損傷したときはこれを修理し、又はその損害を賠償しなければならない。

(使用料)

第11条 第6条の承認を受けたものは、別表の区分に従い使用料を納めなければならない。

2 町長は、特に必要があると認めるときは、前項の使用料の全部又は一部を減免することができる。

(使用料の還付)

第12条 既納の使用料は還付しない。ただし、使用者の責に帰さない理由で使用することができないとき、若しくは使用前3日までに使用者が使用を取り消したときは、この限りでない。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、センターの管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和59年11月2日から施行する。

附 則(平成17年3月10日条例第8号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

別表(第11条関係)

吉見町コミュニティセンター使用料

室名

区分

大集会室

中集会室

小集会室(1室につき)

午前9時から正午まで

4,000円

2,000円

800円

午後1時から午後5時まで

5,000円

2,300円

1,000円

午後6時から午後9時30分まで

7,000円

2,500円

1,100円

午前9時から午後5時まで

10,000円

4,500円

2,000円

備考

1 使用者は、使用の承認を受けたときに納入する。

2 町民以外の者(町内在勤、町内在学者を除く。)が使用し、又は町民以外の者の割合が2分の1以上で使用する場合は、上覧に掲げる使用料の2倍の額とする。

3 コミュニティホールは無料とする。

吉見町コミュニティセンター設置及び管理条例

昭和59年9月20日 条例第17号

(平成17年4月1日施行)