○吉見町在宅高齢者等配食サービス事業実施規則

平成13年3月19日

規則第6号

(目的)

第1条 この規則は、在宅の要援護高齢者等に対し、配食サービス(以下「サービス」という。)を行うことにより、自立促進と日常生活上の健康の保持を図るとともに、その家庭の身体的、精神的及び経済的な負担の軽減を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 対象者は、町内に住所を有する者であって、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 65歳以上の高齢者のみの世帯、若しくはこれに準ずる世帯で、老衰その他の理由により食事の調理が困難な者

(2) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項に規定する身体障害者手帳、療育手帳制度(埼玉県療育手帳制度要綱(平成14年埼玉県告示第1365号))による療育手帳又は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項に規定する精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者であって、独居かつ障害、傷病等の理由により食事の調理が困難なもの

(3) その他町長が特に必要と認める者

(実施方法)

第3条 本事業は、町と委託契約した事業者(以下「事業者」という。)が行うものとし、配食の回数は利用者1人当たり週5回、1日1食を限度とする。

(申請の手続)

第4条 利用を希望する要援護高齢者等又はこの者の属する世帯の生計中心者(以下「申請者」という。)は、吉見町在宅高齢者等配食サービス利用申請書(様式第1号)を町長に提出するものとする。

(可否の決定)

第5条 町長は、前条の申請があったときは、内容を審査して、吉見町在宅高齢者等配食サービス利用決定・却下通知書(様式第2号)により、申請者に通知するものとする。

(利用料)

第6条 申請者は本事業に要する費用のうち、町と事業者で協議して定めた額を事業者に直接支払うものとする。

(台帳の整備)

第7条 町長は、吉見町在宅高齢者等配食サービス利用者台帳(様式第3号)を備えておくものとする。

(中止等の手続)

第8条 利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、吉見町在宅高齢者等配食サービス利用中止届(様式第4号)を速やかに町長に届け出なければならない。

(1) 死亡又は町外に転出したとき。

(2) 医療施設及び福祉施設等に入院又は入所したとき。

(3) その他、サービスを受ける必要がなくなったとき。

(実績報告書)

第9条 事業者は事業の実施状況について当該月分を翌月10日までに吉見町在宅高齢者等配食サービス利用実績報告書(様式第5号)により、町長に報告するものとする。

(遵守事項)

第10条 事業者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 食品衛生法(昭和22年法律第233号)、栄養士法(昭和22年法律第245号)、栄養改善法(昭和27年法律第248号)、調理師法(昭和33年法律第147号)等の公衆衛生に関する法令等を遵守すること。

(2) 栄養士や調理師を配置するなど適切な職員配置を行うとともに、管理責任者並びに調理及び配食の各部門に責任者を配置すること。

(3) 職員の心身の健康に留意し、清潔の保持及び健康状態について常時点検する体制を整えること。

(4) 衛生面に配慮された厨房設備等、その他必要な設備・器具を備えること。

(5) 要援護高齢者等の心身の特性に配慮された献立を作成すること。

(6) 利用者及び家族の相談に幅広く対応し、公的サービスの情報提供に努めること。

(7) 利用者及び家族の苦情等に対しては、円滑な解決を図るため迅速に対処すること。

(8) サービスの提供により、事業者の責に帰すべき事由に基づく事故が発生した場合、利用者に対しての損害賠償を速やかに行うこと。

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月31日規則第10号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成24年10月5日規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像画像

吉見町在宅高齢者等配食サービス事業実施規則

平成13年3月19日 規則第6号

(平成24年10月5日施行)