○吉見町重度心身障害者福祉タクシー利用料金助成要綱

昭和60年4月1日

要綱第1号

(目的)

第1条 この要綱は、重度心身障害者に対し、福祉タクシー利用料金の一部を助成することにより、重度心身障害者の日常生活の利便を図り、もって重度心身障害者の福祉の増進に資することを目的とする。

(用語の意義)

第2条 この要綱において「重度心身障害者」とは、吉見町内に住所を有する者で、次の各号のいずれかに該当するものをいう。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に規定する身体障害者手帳の交付を受けている者で、その障害の程度が身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5に定める1級、2級及び3級の障害を有する者

(2) 埼玉県の療育手帳制度に基づく療育手帳の交付を受けた者で、同制度で定める((A))、A、Bの障害を有する者

2 この要綱において「福祉タクシー」とは、埼玉県乗用旅客自動車協会に加入している者が、一般乗用旅客自動車運送事業の用に供している自動車をいう。

(助成)

第3条 町は、重度心身障害者が福祉タクシーを利用したときは、その利用料金の一部を助成する。

2 前項の助成は、町が発行する吉見町重度心身障害者福祉タクシー利用券(様式第1号。以下「利用券」という。)を重度心身障害者に交付することにより行う。

3 利用券により助成する額は、利用券1枚につき初乗料金相当額とする。

4 福祉タクシーの料金と利用券によって助成される額との差額は、当該タクシーを利用した重度心身障害者の負担とする。

5 利用券は、1回の乗車につき1枚使用するものとする。

(利用登録申請)

第4条 利用券の交付を受けようとする者は、福祉タクシー利用登録申請書(様式第2号)により町長に申請しなければならない。

2 前項の申請書には、身体障害者手帳又は療育手帳その他町長が定める書類を提示しなければならない。

(利用券の交付)

第5条 町長は、前条の申請があったときは、審査のうえ、当該申請者を適格者と認定したときは、利用券を交付する。

2 利用券の交付枚数は、1箇月3枚を限度とし、年間36枚以内とする。

3 利用券は、再交付しない。

4 高齢者については町長が必要と認めたときは枚数を増加することができる。

(身体障害者手帳等の提示)

第6条 利用券の交付を受けた者は、福祉タクシーを利用しようとするときは、当該福祉タクシーの運転者に対し身体障害者手帳又は療育手帳を提示しなければならない。

(譲渡の禁止)

第7条 利用券は、これを譲渡し、又は不正に使用してはならない。

(助成の取消等)

第8条 町長は、偽りその他の不正な手段により、この要綱に定める助成を受けた者があるときは、これに対し助成の決定を取り消すとともに既に助成を行った金額の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(委託契約)

第9条 町長は、福祉タクシーの業務を円滑にするため、埼玉県乗用旅客自動車協会加入タクシー会社と福祉タクシー業務委託契約を締結するものとする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(昭和63年9月1日要綱第1号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成2年11月16日要綱第7号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成2年11月1日から適用する。

附 則(平成11年3月19日要綱第2号)

1 この要綱は、平成11年4月1日から施行する。

2 改正後の吉見町重度心身障害者福祉タクシー利用料金助成要綱第2条第1項及び第3条第3項の規定は、平成6年4月1日から適用する。

附 則(平成19年3月7日要綱第4号)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日要綱第6号)

この要綱は、平成28年3月31日から施行する。

画像画像

画像

吉見町重度心身障害者福祉タクシー利用料金助成要綱

昭和60年4月1日 要綱第1号

(平成28年3月31日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 心身障害者福祉
沿革情報
昭和60年4月1日 要綱第1号
昭和63年9月1日 要綱第1号
平成2年11月16日 要綱第7号
平成11年3月19日 要綱第2号
平成19年3月7日 要綱第4号
平成28年3月31日 要綱第6号