○吉見町障害児(者)生活サポート事業実施規則

平成11年3月31日

規則第15号

(目的)

第1条 この規則は、在宅の心身障害児(者)(以下「障害者」という。)の地域生活を支援するため、身近な場所で障害者及びその家族の必要に応じて、迅速・柔軟なサービスを提供する民間団体(以下「団体」という。)の行う事業について必要な事項を定めることにより、障害者の福祉の向上及び介護者の負担軽減を図ることを目的とする。

(運営主体)

第2条 この事業の運営主体は、社会福祉法人等の公益法人又は障害者の福祉の増進を目的とする非営利団体とする。

(登録)

第3条 この事業を実施する団体は、吉見町障害児(者)生活サポート事業団体登録申請書(様式第1号)により申請し、登録したもの(以下「登録団体」という。)とする。

(登録の解除)

第4条 この事業が実施できなくなった登録団体は、解除の届出をするものとし、又は町長は届出のないもので事業の実施が困難と認められる場合に、登録団体を解除することができる。

(利用対象者)

第5条 この事業の利用対象者は、町内に住所を有する次の各号のいずれかに該当する者で、登録団体の利用が適当であると町長が認めたものとする。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項に規定する身体障害者手帳の交付を受けている者

(2) 療育手帳制度要綱(昭和48年埼玉県障福第1125号)に基づく療育手帳の交付を受けている者

(3) 知的障害者更生相談所又は児童相談所において、知的障害と判定された者

(4) 医師により発達に障害があると診断された者

(5) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条に規定する精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者

(利用手続)

第6条 利用対象者は、登録団体を利用するときは、吉見町障害児(者)生活サポート事業利用者登録申請書(様式第2号)を町長に提出し、登録を受けなければならない。

2 町長は、前項の規定により登録した者(以下「登録者」という。)に対して吉見町障害児(者)生活サポート事業利用者登録証(様式第3号)、吉見町障害児(者)生活サポート事業利用票(様式第4号。以下「利用票」という。)及び吉見町障害児(者)生活サポート事業利用券(様式第5号。以下「利用券」という。)を交付するものとする。

3 登録者は、利用票を携行し、登録団体への利用申込み時には、登録団体に提示しなければならない。

4 登録団体は、登録者に対してサービスを提供したときは、利用票にサービス提供時間数等を記入するものとする。

5 登録者は、サービスを利用したときは、15分につき1枚の利用券を利用した団体に提出しなければならない。

6 登録団体は、利用者のこの事業による利用実績について、帳簿等必要な書類を備えつけなければならない。

(利用者登録の解除)

第7条 前条の登録を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは利用者登録を解除する。

(1) 死亡したとき。

(2) 障害の程度が第5条に定める程度でなくなったとき。

(3) 町内に住所を有しなくなったとき。

(傷害保険の加入)

第8条 登録団体は、そのサービス提供中の利用者に係る傷害保険に加入しなければならない。

(連携等)

第9条 登録団体は、町と密接な連携を図り、事業の円滑な運営に努めなければならない。

(事業に対する補助)

第10条 登録団体の事業に要した経費に対する補助額は、総事業費の3分の2とする。

(会計状況等の公開)

第11条 登録団体は、その提供するサービスの内容、料金、従事する職員の資格及び経理状況を登録者に明示しなければならない。

(個人情報の保護)

第12条 登録団体は、サービスの提供によって得た個人の秘密を第三者に漏らしてはならない。ただし、登録者又は保護者の承諾があった場合は、この限りではない。

(その他)

第13条 その他必要事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月31日規則第11号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

吉見町障害児(者)生活サポート事業実施規則

平成11年3月31日 規則第15号

(平成17年4月1日施行)