○吉見町巡回バス運行に関する条例

平成17年12月2日

条例第30号

(目的)

第1条 この条例は、巡回バス運行に関し必要な事項を定めることにより、町民の公共的交通手段を確保し、日常生活の利便を図ることを目的とする。

(運行区域)

第2条 巡回バスの運行区域は、原則として吉見町内とする。

(運行日等)

第3条 巡回バスの運行日及び運行時間は、規則で定める。

(利用料)

第4条 巡回バスの利用者は、次に掲げる利用料を納入しなければならない。ただし、就学前の幼児は無料とする。

(1) 1人につき1回100円

(2) 1人につき1日券200円

(利用料の減免)

第5条 町長は、特に必要があると認めたときは、利用料を減額し、又は免除することができる。

(利用者の遵守事項)

第6条 巡回バスを利用する者は、旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)第52条及び第53条に規定する事項を遵守しなければならない。

(運行業務の委託)

第7条 町長は、巡回バスの運行業務を民間業者に委託するものとする。

2 前項の規定により巡回バスの運行業務を受託する者は、この条例に基づき運行を開始する日前に道路運送法(昭和26年法律第183号)第21条第2号の規定に基づく国土交通大臣の許可を受けなければならない。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、第7条第2項に規定する許可を受けた日の属する月の翌々月から施行する。

附 則(平成23年12月2日条例第10号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

吉見町巡回バス運行に関する条例

平成17年12月2日 条例第30号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第5章
沿革情報
平成17年12月2日 条例第30号
平成23年12月2日 条例第10号