○吉見町職員のセクシャル・ハラスメントの防止等に関する規程

平成18年3月31日

規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、職場等におけるセクシャル・ハラスメントを防止し、健全な職場環境を確保するため、必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 職場等 職員が職務を遂行する場所をいい、出張先その他職員が通常勤務する場所以外の場所及び実質的に職場の延長線上にあるものを含む。

(2) セクシャル・ハラスメント 他の者を不快にさせる職場における性的な言動及び職員が他の職員を不快にさせる職場外における性的な言動をいう。この場合において、性的な言動とは、性的な事実関係を聴取すること、性的な内容の情報を意図的に流布することその他の性的な内容の発言及び性的な関係を強要すること、不必要に身体に接触すること、わいせつな図画を配布することその他の性的な行動をいう。

(3) セクシャル・ハラスメントに起因する問題 セクシャル・ハラスメントのため職員の勤務環境が害されること及びセクシャル・ハラスメントへの対応に起因して職員がその勤務条件につき不利益を受けることをいう。

(4) 所属長 所属する課等の長をいう。

(職員の責務)

第3条 職員は、セクシャル・ハラスメントについて理解を深め、言動に常に注意し、職場等においてセクシャル・ハラスメント及びセクシャル・ハラスメントに準ずる行為を行ってはならない。

2 職員は、職場等においてセクシャル・ハラスメントが行われていることを知ったときは、所属長又は第6条の相談員に報告、相談する等の適切な処置を取らなければならない。

(所属長の責務)

第4条 所属長は、健全な職場環境を確保するため、日常の執務を通じた指導によりセクシャル・ハラスメントの防止に努めるとともに、セクシャル・ハラスメントに起因する問題が生じた場合においては、必要な措置を迅速かつ適切に講じなければならない。

2 所属長は、当該職場等においてセクシャル・ハラスメントに起因する問題が生じるおそれがある場合は、総務課長に連絡し、必要な調整を行わなければならない。

3 前2項の場合において、所属長は、セクシャル・ハラスメントに対する苦情の申出、当該苦情等に係る調査への協力その他セクシャル・ハラスメントに対する職員の対応に起因して、当該職員が職場において不利益を受けることがないように配慮しなければならない。

(苦情相談窓口の設置)

第5条 セクシャル・ハラスメントに関する苦情又は相談(以下「苦情相談」という。)に対応するため、苦情相談窓口(以下「窓口」という。)を次のとおり設置する。

(1) 窓口は、人事を担当する係とする。

(2) 苦情相談者(以下「相談者」という。)は、セクシャル・ハラスメントの直接の被害者である職員のほか、相談することについて被害者の職員の同意を得た代理職員及び他の職員に対するセクシャル・ハラスメントを不快に思う職員等とする。

(3) 窓口の受付時間は、勤務時間中とする。

(相談員の設置)

第6条 苦情相談の処理対応をするため、苦情相談を受ける職員(以下「相談員」という。)を設置する。

2 相談員は、3人以上とし、町長が任命する者及び総務課長をもって充てる。

(苦情相談の処理)

第7条 窓口は、苦情相談を受け付けたときは、速やかに相談日時、相談場所等を相談者に通知するものとする。

2 相談員は、苦情相談に対応し、助言及び事実関係の調査、確認を行い、その内容を別記様式の職員苦情相談整理簿(以下「整理簿」という。)に記録するものとする。

3 相談員は、整理簿により町長に報告するものとする。

(プライバシーの保護等)

第8条 窓口及び相談員は、苦情相談に関係する職員のプライバシーの保護及び秘密の保持を徹底するとともに、当該職員が不利益な取扱いを受けることがないように留意しなければならない。

(対応措置)

第9条 町長は、公正な調査によりセクシャル・ハラスメントの事実が確認され、その態様が信用失墜行為、全体の奉仕者たるにふさわしくない非行等に該当すると認めるときは、加害者である職員及びその所属長に対し、必要かつ適切な範囲で懲戒処分を含む措置を講ずるものとする。

(委任)

第10条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

画像

吉見町職員のセクシャル・ハラスメントの防止等に関する規程

平成18年3月31日 規程第1号

(平成18年4月1日施行)