文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 各課の主な業務内容 > 福祉町民課 > 町民年金係 > 公的個人認証サービス


最終更新日 平成28年3月18日

公的個人認証サービス

公的個人認証サービスのための電子証明書について

公的個人認証サービスとは

 様々な行政手続きの申請・届出がインターネットを通じてできます。この際に、他人による成りすまし申請や通信途中での内容の改ざんを防ぐ必要があります。公的個人認証サービスとは、これらを防止するためにICカードを利用して、本人確認ができる手段(電子証明書)を提供するものです。

電子証明とは

 電子証明書は2種類です。

<署名用の電子証明書>
  1. インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。
     電子申請(e-Tax等)
     民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録など
  2. 「作成・送信した電子文書が、あなたが作成した真正なものであり、あなたが送信したものであること」を証明することができます。

<利用者証明用の電子証明>
  1. インターネットサイトやキオスク端末等にログインをする際に利用します。
       行政のサイト(マイナポータル等)へのログイン
       民間のサイト(オンラインバンキング等)へのログイン など
    「ログイン等した者が、あなたであること」を証明することができます。

電子証明書の交付を受けると

 国などの行政機関が実施している電子申請・届出等が自宅のパソコンからインターネットを経由してできます。
 ただし、自宅のパソコンから電子申請を行うには、電子証明書とは別にICカードリーダライタをご本人が用意していただくことになります。

住民基本台帳カード向けの電子証明書の発行が終了します

 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の開始に伴い、住民基本台帳カード(住基カード)向け電子証明書の発行が平成27年12月22日で終了しました。
 現在、住基カードに搭載されている電子証明書の有効期間は発行日から3年間です。既に発行された電子証明書は、有効期限が終了するまで使うことができます。ただし、有効期限満了前でも、住所や氏名を変更された場合には、使用できなくなります。
 平成28年1月以降は個人番号カードの交付を受けることで電子証明書を使うことができます。

公的個人認証サービスを紹介したホームページへのリンク

  1. 総務省ホームページへ(外部サイトへリンク)
  2. 公的個人認証サービスポータルサイトへ(外部サイトへリンク)
  3. 地方公共団体情報システム機構 地方公共団体情報システム機構(外部サイトへリンク)
  4. 埼玉県公的個人認証サービスのホームページへ (外部サイトへリンク)

ICカードリーダライタを紹介したホームページへのリンク

  1. 公的個人認証サービス対応ICカードリーダライタ普及促進協議会のページへ(外部サイトへリンク)


お問い合わせ先
福祉町民課 町民年金係 0493−63−5010(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ