文字サイズ

背景色

背景色白 背景色青 背景色黒

トップページ > 福祉町民課 > 生活困窮者自立支援制度

最終更新日 平成27年6月1日

生活困窮者自立支援制度について

 平成27年4月から、生活困窮者自立支援制度が始まりました。
 この制度は、生活保護制度に至る前に様々な問題を抱えて生活に困っている方に対して、生活支援をすることを目的としています。
 具体的な取り組みとして、金銭面や仕事面などで生活に困っている方や学習支援が必要な方に対し、専門の相談員が支援します。



 相談先は、町役場・町社会福祉協議会の他に直接、自立相談支援センター等に連絡していただくことも可能です。
 自立相談支援センターでは専門員が状況に応じた、自立支援計画を作成します。

受けられる支援

1.一時生活支援事業
 住居のない方等に対し、一時的な宿泊場所や衣食の提供
2.家計相談事業
 家計収支の改善に向けた相談・指導
3.就労促進のための支援事業
 ハローワークと連携した就労支援や職業訓練などの支援メニューを提供
4.学習支援事業
 学習教室を設置し、生活保護世帯及び生活困窮者世帯の中学生を対象に学習支援

連絡先(土・日・祝祭日・年末年始除く)

@吉見町役場福祉町民課福祉係           рO493−63−5012
A吉見町社会福祉協議会              рO493−54−5228
B県社会福祉協議会 自立相談支援センター西部支所 рO493−81−3148
Cアスポート学習支援センター 埼玉西部事務所   рO49−277−4939

※受付時間
@・A8:30〜17:15
B8:30〜17:00
C9:00〜18:00

お問い合わせ先
福祉町民課 福祉係 0493−63−5012(直通)

※「用語解説」に関するお問合せページ