こども医療費

更新日:2021年04月01日

 「こども医療費の対象年齢を拡大しました」
 令和2年(2020年)8月診療分からこども医療費の対象年齢を入院・通院ともに満18歳に達する日以後の最初の3月31日までに拡大しました。

こども医療費について

 お子さんに対する医療費の一部を助成することにより、子育て世代の経済的負担を軽減し、お子さんの保健の向上と福祉の増進を図ることを目的としています。

対象

 吉見町に住所があり、各種健康保険組合に加入している満18歳に達する日以後の最初の3月31日(年度末)までのお子さん

受給することができないかた

  • 生活保護を受けているかた
  • 児童福祉施設等に入所されているかた
  • 重度心身障害者医療費を受けているかた

助成範囲

 医療保険が適用される医療費のうち、保険適用後の負担額(2割又は3割)から高額療養費、附加給付、他法負担額を控除した残りを支給します。

助成範囲の表

助成の対象にならないもの

  • 高額療養費・附加給付
  • 入院時食事療養標準負担額
  • 保険適用外の費用(自費で行った検診・予防接種、入院時室料差額代、文書料、薬の容器代等)
  • 交通事故など第三者行為によるもの

(注意)保育所、幼稚園、学校等でケガをした場合

 保育所、幼稚園、学校等でケガをしたとき、日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度をご利用になった場合は、町の医療費助成制度の対象となりません。そのため、医療機関で受診する際にはこども医療費受給資格者証は提示せず、必ず医療機関窓口で医療費をお支払いください。また、災害共済給付制度の対象となった受診分の領収書が発行された場合も、こども医療費として申請することはできません。

登録手続き

 こども医療費の助成を受けるには、出生や転入などの事由発生日の翌日から起算して15日以内に申請が必要です。
 登録されると「こども医療費受給資格者証」が交付されます。
 登録がお済みでない方は、次の3点をお持ちになって申請してください。

  1. お子さんの健康保険証
  2. 保護者名義の振込先がわかるもの(預金通帳等)
  3. 印鑑

(注意)お子さんの健康保険証がまだお手元にない等で申請に必要なものがそろっていない場合でも、仮申請をすることはできます。

医療機関にかかるときは

現物給付(支払いが不要なとき)

 比企管内・北本市・鴻巣市の協定医療機関で受診する際に健康保険証とともに、受給資格者証を協定医療機関の窓口にご提示いただくと保険適用分の一部負担金のお支払いが不要になります。
 受給資格者証は毎回必ずご提示ください。

(注意):文書料や薬の容器代などは助成対象外となり、医療機関窓口での支払いが必要です。

 協定医療機関には以下のようなステッカーの掲示をお願いしています。

窓口払不要のステッカー写真

東松山市、滑川町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、嵐山町、東秩父村、鴻巣市、北本市の協定医療機関

償還払い(支払いが必要なとき)

次のような場合は医療機関の窓口で医療費をお支払いの後、申請が必要です。

  1. 吉見町と協定を結んでいない医療機関にかかったとき
  2. 受給資格者証を提示しないで受診したとき
  3. コルセットや小児弱視用眼鏡などの治療用装具を作ったとき
  4. 一部負担金の額が一つの医療機関で月額21,000円以上になったとき

(注意)協定医療機関であっても、一つの医療機関で月額21,000円以上となった場合は償還払いとなります。複数回受診されて、月の途中で月額21,000円以上となった場合は、その月の初めに遡ってお支払いいただくようになります。

申請方法

 医療機関で医療費を支払った場合、診療月の翌月以降に、こども医療費支給申請書に領収書原本を添えて、子育て支援課(1階4番窓口)へ申請してください。
 申請の受付は毎月10日に締め切り、月末にご登録いただいている口座へ対象額を振り込みます。
 申請書は子育て支援課窓口(1階4番窓口)で配布していますが、次の様式をダウンロードし、印刷したものでも申請することができます。

「こども医療費支給申請書」作成上の注意

  1. 対象のお子さん
    診療月
    医療機関(医科、歯科、調剤、柔道整復)
    入院・通院ごとに分けて申請書を作成し、申請書に領収書を添付して申請してください。
  2. 領収書を添付するときはそのまま、又はクリップやホッチキスでとめてください。のりやテープで貼り付けないでください。
  3. 医療機関発行の領収書を添付する場合、次のものが全て記載されているかを確認してください。領収証に記載されていない事項がある場合、一旦返却しますので、発行元の医療機関で必要事項の証明を受けてください。
    • 受診されたお子さんの氏名
    • 診療年月日
    • 保険点数(総医療費)
    • 保険診療一部負担金
    • 発行年月日
    • 発行元医療機関名及び印

(注意)同じ医療機関でも「医科」と「歯科」に分かれている場合は別の申請書で申請してください。
(注意)処方箋元医療機関と薬局の場合も分けてください。
(注意)領収書は必ず原本をお持ちください。他手続きにおいて原本が必要な場合は、こども医療費で申請をした旨がわかる印を押し、返却いたします。

申請期間

 医療機関窓口へお支払いをした日の翌日から5年以内に必ず申請してください。5年を経過すると時効になります。

医療費が高額になったとき(領収書以外の添付書類も必要になるとき)

 入院等により、一つの医療機関で月額21,000円以上となった場合は、領収書の他に添付するものが必要です。受診されたお子さんが加入している健康保険組合等への手続きを済ませた後に、申請書に添付書類を添えて、申請してください。
 支給決定通知書等がでない場合は、診療月からおよそ3か月後に吉見町役場から加入している健康保険組合等に高額療養費等の支給状況について照会しますので、同意書が必要になります。
 そのため、申請からお振込みまでの期間が通常よりかかる場合がございます。

添付書類の例

(注意) 高額療養費等の請求方法や附加給付の有無などは加入している健康保険組合等にお問い合わせください。健康保険組合等への高額療養費や附加給付の請求期間は2年です。

医療費が21,000円以上となった場合

  • 領収書
    (健康保険組合等に原本を提出する場合、事前にコピーを取っておいてください。)
  • 高額療養費などの支給決定通知書または不支給決定通知書

治療用装具等を作製した場合

  • 治療用装具等の領収書
  • 医師の診断書・指示書
  • 療養費支給決定通知書

(注意)小児弱視用眼鏡を作製した場合は、支給上限額があります。

届け出が必要なとき

  • 町外へ転出するとき
    (必ずこども医療費受給資格者証を返還してください。吉見町で対象となるのは転出した日の前日分までです。)
  • 住所(転居等)、氏名に変更があったとき
  • 健康保険証が変更となったとき
  • 受給資格者証を紛失したとき
  • 振込口座を変更したいとき(受給者名義の口座へしか変更できません。)
  • 児童福祉施設等に入所することとなったとき
  • 生活保護を受けるようになったとき
  • 重度心身障害者医療費を受けるようになったとき
  • その他受給資格に関する事項に変更が生じたとき

その他

制度を実施していくために(お願い)

 この制度はこども自身に対する医療費が無料となる訳ではありません。
 こども医療費(自己負担分)は、住民の皆様の税金から支払われています。
 また、残りの医療費(8割又は7割)は加入している保険(納めた保険料(税))から支払われています。
 そのため、つぎのことを心がけましょう。

  • 医療費が高くなる時間外や休日の受診はできるだけ避けましょう。
  • 病院のかけもち(重複受診)はやめましょう。
  • 一人ひとりが日々の体調管理を心がけましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

子育て支援課 児童支援係

〒355-0192
埼玉県比企郡吉見町大字下細谷411

電話番号:0493-63-5014

ファックス:0493-54-4200