給食センター

更新日:2021年11月30日

概要

給食センター外観の写真
給食センターの概要一覧
所在地 吉見町下細谷37番地
電話番号 0493-54-1508
ファックス 0493-53-2096
敷地面積 4,428.00平方メートル
建築面積 1,495.30平方メートル
着工 平成11年7月 2日
竣工 平成12年3月21日
給食開始 平成12年4月11日
調理能力 3,500食/日

 

地図

給食供給計画(令和3年度)

給食供給計画(令和3年度)一覧
  1学期 2学期 3学期 合計
米飯 47 54 34 135
パン 7 7 4 18
めん 13 16 10 39
合計 67 77

48

192

給食対象人数

給食対象人数一覧
区分 学校数 学級数 児童生徒数 職員数
小学校 6 校 43クラス 649人 96人 745人
中学校 1 校 14クラス 366人 33人 399人
給食センター 23人 23人
7 校 57クラス 1,015人 152人 1,167人

(令和3年5月1日現在)

特記事項

  • 衛生管理の工夫
     汚染区域、非汚染区域と床面の色分けを行い、調理用途別に調理ゾーンの区分けを実施しています。 また、ドライシステム方式を導入し、衛生管理の徹底をはかっています。
  • 食育に関する啓発活動
     保護者試食会へ栄養士が参加し、知育・徳育・体育を支える食育事業の推進をはかり、食に関する正しい知識と食習慣を身に付けるための啓発活動をすすめます。

学校給食

 近年、かたよった栄養摂取、朝食欠食など子どもたちの食生活に関する問題が深刻化しています。
 学校給食は、栄養バランスがとれた食事ができるように工夫され、成長期にある子どもたちの健康の保持増進と体の発育に大きな役割を果たしています。子どもたちが学校給食を食べる時期は、身体的にも精神的にも急速に成長する時期であり、バランスのとれた正しい食生活をすることが日々の健康な生活の基礎となり、将来起こり得るさまざまな疾病を予防することができます。
 そこで、将来の吉見町を担う子どもたちの給食がどのように作られているか、『給食センターの一日』を紹介します。

献立表

食育だより